米国は、難民・移民の保護強化に関する国連の枠組み「ニューヨーク宣言」からの離脱を通知したと発表した


読売によりますと ニューヨーク=橋本潤也】米国の国連代表部は2日、国連のグテレス事務総長に対し、難民・移民の保護強化に関する国連の枠組み「ニューヨーク宣言」からの離脱を通知したと発表した。  離脱の理由について「宣言には、トランプ政権の方針と相いれない多くの規定が含まれている」と説明している。  難民・移民支援について「負担と責任のより公平な分担に取り組む」と明記した同宣言は、オバマ政権時代の2016年9月に国連総会で採択された。受け入れ国への支援をうたい、資金拠出や、難民・移民への差別や暴力根絶などを盛り込んだ。18年末までに問題解決に向けた包括的な合意文書の採択を目指すとしている。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック