テーマ:ヘイトスピーチ

差別用語とは

「差別用語」とされる言葉には、以下のようなものがあげられるが、もともと差別用語ではなかった言葉や、差別と無関係な言葉も含まれることに留意されたい。 職業・階級・身分に関するもの(「穢多」、「非人」、「酋長」、「賤民」、「ポリ公」、「木っ端役人」、「乞食」、「ルンペン」、「よつ」、「ぽっぽや」、「雲助」、「八百長」[要出典]、「坊主」、…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

基本的人権とヘイトスピーチ

基本的人権 人間が人間らしく生きていくために必要な、基本的な自由と権利の総称。人間が生まれつき天賦(てんぷ)不可譲の基本的人権を持つということは、18世紀末の米国諸州憲法やフランス人権宣言(1789年)以来、各国の人権宣言や憲法に明記されてきた。もっとも、プロイセン憲法(1850年)やそれを手本としたといわれる大日本帝国憲法(18…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ヘイトスピーチに出てくる人種と民族とは

人種と民族[編集] ヨーロッパ系の白人や、アフリカ系の黒人などを、肌の色などの、遺伝的な違いを人種と言います。 人種と民族とは、ちがいます。 たとえば私たち日本人の人種は、東洋系の人種であり、肌の色が「黄色い」と言われる黄色人種(おうしょく じんしゅ)であり、アジア系の人種であり、モンゴロイド (英: Mongoloid) と言…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ヘイトスピーチに出てくる、侮蔑的とは

侮蔑的とは 侮蔑(ぶべつ、英語:Insult)は、他者を侮り、蔑み、馬鹿にしたり[1]、罵ったり[1]、ないがしろにすること。侮蔑に使われる語句を侮蔑語という[2]。侮蔑は、言葉や態度に現れるものに限らず、「彼の表現には侮蔑の意図があったのか」などの用法に見られるように、侮蔑感情を含めて考察・記述されなければならない。 あなどり…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ヘイトスピーチとは何か

大阪市の条例では、「特定の人種や民族の(1)社会排除(2)権利の制限(3)憎悪や差別意識をあおること−−のいずれかを目的とし、人を中傷したり身の危険を感じさせたりする表現活動」と定義している[15]。 朝日新聞は「特定の人種や民族への憎しみをあおるような差別的表現」[16]、「人種や国籍、ジェンダーなど特定の属…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more