アクセスカウンタ

プロフィール

ブログ名
気になったので書いてみる
ブログ紹介
日本列島は日本人のものだ!!

zoom RSS ブログ 新着記事

タイトル 日 時
民法=17
(取消権者) 第一二〇条 行為能力の制限によって取り消すことができる行為は、制限行為能力者又はその代理人、承継人若しくは同意をすることができる者に限り、取り消すことができる。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/01/19 09:10
民法=16
第一一三条 代理権を有しない者が他人の代理人としてした契約は、本人がその追認をしなければ、本人に対してその効力を生じない。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/01/18 10:23
民法=15
(法定代理人による復代理人の選任) 第一〇六条 法定代理人は、自己の責任で復代理人を選任することができる。この場合において、やむを得ない事由があるときは、 前条第一項の責任のみを負う。 (復代理人の権限等) 第一〇七条 復代理人は、その権限内の行為について、本人を代表する。 2 復代理人は、本人及び第三者に対して、代理人と同一の権利を有し、義務を負う。 (自己契約及び双方代理) 第一〇八条 同一の法律行為については、相手方の代理人となり、又は当事者双方の代理人となることはできない。... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/01/17 08:36
民法=14
第三節 代理 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/01/16 17:50
民法=13
(隔地者に対する意思表示) 第九七条 隔地者に対する意思表示は、その通知が相手方に到達した時からその効力を生ずる。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/01/15 08:03
民法=12
第五章 法律行為 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/01/14 17:45
民法=11
第四章 物 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/01/13 16:54
民法=]
(外国法人の登記) 第三七条 外国法人(第三十五条第一項ただし書に規定する外国法人に限る。以下この条において同じ。)が日本に事務所を設けたときは、三週間以内に、その事務所の所在地において、次に掲げる事項を登記しなければならない。 一 外国法人の設立の準拠法 二 目的 三 名称 四 事務所の所在場所 五 存続期間を定めたときは、その定め 六 代表者の氏名及び住所 《全改》平18法050 2 前項各号に掲げる事項に変更を生じたときは、三週間以内に、変更の登記をしなければならない... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/01/12 08:16
民法=\
第三章 法人 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/01/11 10:41
民法=[
失踪の宣告) 第三〇条 不在者の生死が七年間明らかでないときは、家庭裁判所は、利害関係人の請求により、失踪の宣告をすることができる。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/01/10 13:17
民法=Z
第四節 不在者の財産の管理及び失踪の宣告 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/01/09 18:37
民法=Y
制限行為能力者の相手方の催告権) 第二〇条 制限行為能力者(未成年者、成年被後見人、被保佐人及び第十七条第一項の審判を受けた被補助人をいう。以下同じ。)の相手方は、その制限行為能力者が行為能力者(行為能力の制限を受けない者をいう。以下同じ。)となった後、その者に対し、一箇月以上の期間を定めて、その期間内にその取り消すことができる行為を追認するかどうかを確答すべき旨の催告をすることができる。この場合において、その者がその期間内に確答を発しないときは、その行為を追認したものとみなす。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/01/08 08:26
民法=X
(補助人の同意を要する旨の審判等) 第一七条 家庭裁判所は、第十五条第一項本文に規定する者又は補助人若しくは補助監督人の請求により、被補助人が特定の法律行為をするにはその補助人の同意を得なければならない旨の審判をすることができる。ただし、その審判によりその同意を得なければならないものとすることができる行為は、第十三条第一項に規定する行為の一部に限る。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/01/07 15:11
民法=W
保佐開始の審判等の取消し) 第一四条 第十一条本文に規定する原因が消滅したときは、家庭裁判所は、本人、配偶者、四親等内の親族、未成年後見人、未成年後見監督人、保佐人、保佐監督人又は検察官の請求により、保佐開始の審判を取り消さなければならない。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/01/05 07:48
民法=V
(保佐開始の審判) 第一一条 精神上の障害により事理を弁識する能力が著しく不十分である者については、家庭裁判所は、本人、配偶者、四親等内の親族、後見人、後見監督人、補助人、補助監督人又は検察官の請求により、保佐開始の審判をすることができる。ただし、第七条に規定する原因がある者については、この限りでない。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/01/04 09:13
民法=U
民法=U ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/01/03 08:20
民法
018年1月1日月曜日 民法 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/01/01 11:13
国籍法
 (この法律の目的)    第一条 日本国民たる要件は、この法律の定めるところによる。     (出生による国籍の取得)    第二条 子は、次の場合には、日本国民とする。     一 出生の時に父又は母が日本国民であるとき。     二 出生前に死亡した父が死亡の時に日本国民であつたとき。     三 日本で生まれた場合において、父母がともに知れないとき、又は国籍を      有しないとき。     (認知された子の国籍の取得)    第三条 父又は母が認知した子で二十歳未満... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/12/30 14:12
地方自治法、第一条
第一編 総則 第一条 この法律は、地方自治の本旨に基いて、地方公共団体の区分並びに地方公共団体の組織及び運営に関する事項の大綱を定め、併せて国と地方公共団体との間の基本的関係を確立することにより、地方公共団体における民主的にして能率的な行政の確保を図るとともに、地方公共団体の健全な発達を保障することを目的とする。 第一条の二 地方公共団体は、住民の福祉の増進を図ることを基本として、地域における行政を自主的かつ総合的に実施する役割を広く担うものとする。 ○2 国は、前項の規定の趣旨を達成する... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/12/29 07:29
地方自治法とは
地方自治法の中で、 国民の諸活動若しくは地方自治に関する基本的な準則に関する事務又は全国的な規模で若しくは全国的な視点に立つて行わなければならない施策及び事業の実施その他の国が本来果たすべき役割を重点的に担い、住民に身近な行政はできる限り地方公共団体にゆだねることを基本として、地方公共団体との間で適切に役割を分担するとともに、地方公共団体に関する制度の策定及び施策の実施に当たつて、地方公共団体の自主性及び自立性が十分に発揮されるようにしなければならない。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/12/25 11:06

続きを見る

トップへ

月別リンク

気になったので書いてみる/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる